本文へスキップ

「しなやかに したたかに ほほえみながら」をキャッチフレーズに頑張っている女性消防職員を支えていく会です。

2019yokohamareport

女性消防吏員誕生50周年を記念してその歴史を振り返りました

活動報告写真

2019年のJFFW交流会は、女性消防吏員誕生の地である神奈川県で女性消防吏員50年の歴史を振り返り、総務省消防庁対策官、開催地横浜市消防局長、神奈川県消防長会長川崎市消防局長他来賓の皆様をお迎えして、50周年記念式典を執り行いました。また式典に際して、横浜市長林文子様よりご祝辞をいただきました。


開催地である横浜市長からご祝辞をいただきました。 活動報告写真

女性消防吏員誕生50周年、誠におめでとうございます。そして、記念式典が盛大に開催されますこと、心よりお祝い申し上げます。全国の女性消防吏員の皆様が、相互の親睦を 深めて自己研鑽を図るために、自主的にJFFW交流会を続けられ、全国規模でネットワ ークを広げていらっしゃることに、深く敬意を表します。また、日ごろより地域の安全・ 安心を支えてくださっております皆様に、厚く御礼申し上げます。

  女性消防吏員が誕生した昭和44年当時、消防における女性の活躍の場は、防火・防災教育等の予防分野に限定されていました。その後、法改正により、当直勤務への配置をはじ め、消防隊、救助隊等への職域の拡大などが進み、活躍の場は着実に広がってきました。

   現在、国は、「すべての女性が輝く社会」の実現に向け、多岐にわたる取組が進められ ています。消防庁でも、女子学生を対象とした職業説明会やポータルサイト等を通じた情 報提供、女性消防吏員の計画的な採用や職域の拡大、ライフステージに応じた支援体制の 充実、幹部職員の意識改革などの取組を推進しています。

  横浜市消防局においても近年、女性の消防署長や警防課長、特別救助隊員が次々に誕生  しており、女性の活躍は実に目覚ましいものがあります。

  少子高齢化が進み、市民の皆様のニーズが多様化する中、女性消防吏員の皆様に寄せら  れる期待は、更に高まっております。私は、市長に就任して以来、待機児童対策をはじめ 、女性活躍を推進するため、多岐にわたる政策を実践してまいりました。今後も、皆様をはじめ女性が、より一層活躍できる社会を目指して、力を尽くしてまいります。

  むすびに、本日参加されている皆様の今後ますますのご活躍、そしてJFFWの更なるご発展をお祈り申し上げ、お祝いの挨拶とさせていただきます。


オープンウインドウ64を皆さんで体験してみました

活動報告写真

鰍qadiance柴山健太郎氏をお迎えして、大谷翔平選手が夢を叶えた「オープンウィンドウ64」の作り方と使い方を学びました。
そして皆さんの夢の実現に向けて自分自身の可能性を見つめてみました。

皆さんが描いたオープンウインドウを下記にまとめました

あなたのオープンウインドウ


お互い語り、笑って、また1年頑張ろうそう言って再会を誓いました

活動報告写真

 交流会の次は横浜中華街で意見交換を行いました。
 顔見知りの仲間やはじめてあった仲間と1年間頑張ったこと、つらかったこと、楽しかったことを語り会いました。
 所属では1人かもしれないけど、ここには仲間がいます、まるでいつも一緒に活動しているように意気投合して、そして、再会を誓い解散しました


JFFW

〒272-0833
千葉県市川市東国分1-28-14

TEL